クレジットカードのメリット・デメリットを徹底解説

クレジットカード

あなたはクレジットカードを持っていますか?

大人になりクレジットカードを作ろうと考えているひと。

今まで現金派だったけれど近年のポイントブームでクレジットカードを考えているひと。

クレジットカードを作ってみたけど、実際どんなメリット・デメリットがあるのか知りたいひと。

様々なシチュエーションのひとがいることでしょう。

というわけで今回は、クレジットカード歴10年の僕がクレジットカードのメリット・デメリットを解説します!

クレジットカード初心者は必見の内容です!

クレジットカードを持つメリット5選

まずはクレジットカードを持つメリットを5つ見ていきましょう。

意外にも知られていないメリットもあるので、ぜひ5つすべて確認してみてください。

それではメリットを5つ紹介していきます。

1.買い物のたびにポイントが貰える

1つ目のメリットは買い物するだけでポイントが貰えることです。

現金で買い物してもポイントを貰えることはありませんが、

クレジットカードは、カードを使って買い物するだけでポイントを獲得することができます。

ポイントの還元率や使い道はクレジットカード会社によって異なりますが、たまったポイントをAmazonギフト券や飛行機のマイルに交換することが可能です。

基本的なポイントの還元率は0.5%ですが、クレジットカード会社によっては1%、

条件によっては10%以上ポイント還元されます!

1万円分の買い物をすると、5%の還元率で500ポイント。

基本的に1ポイント1円換算なので、500円分のポイントを獲得することができます。

例えば、月に5万円の買い物をする人。

仮に月に5万円分を1%のポイント還元率を持つクレジットカードで買い物すると、500ポイント。

年間で6000ポイント。

10年間使うと6万ポイントも獲得することができます!

ただ支払方法を現金からクレジットカードにするだけでこれほどお得に生活することができるのです。

2.支払いがスムーズ

クレジットカードを持つ2つ目のメリットは、支払いがスムーズになるということ。

現金で支払う場合は、細かいおつりが出ないよう1円単位で支払いを考えてしまいますよね。

クレジットカードを持つことでそんなストレスとはおさらばです!

基本的に1か月の合計金額を翌月に銀行口座から引き落とされます。

つまり、1回1回の買い物でお釣りを考えて支払う必要はありません

さらに、タッチ決済を搭載しているクレジットカードであれば、

タッチ決済可能なお店では、暗証番号など打つ必要がなく、端末にクレジットカードを1秒タッチするだけで支払いが完了してしまいます!

無駄な時間を1秒でも減らすことのできるので、クレジットカードはおすすめです。

3.現金がなくても買い物できる

3つ目のクレジットカードを持つメリットは、現金が手元になくても買い物ができることです。

クレジットカードは基本的に翌月払いのため、給料日前でも買い物することができます。

もちろん一種の借金のようなものですので、使い過ぎには注意ですが、かなり便利な機能でしょう。

また、リボ払いや分割払いをすることができます。

手数料はかかってしまいますが、車検などで一気にお金が必要だけど、まとまった金額がないときにはリボ払い・分割払いは便利です。

2回払いまでなら手数料無料などのクレジットカード会社もあるので、分割払いをする際にはクレジットカード会社に一度問い合わせてください。

4.お金の管理が楽になる

クレジットカードを持つメリットの1つに、お金の管理が楽になることがあります。

今までレシートを見ながら家計簿を管理していた人には朗報です!

1つ1つの購入商品名まではわかりませんが、毎月届く利用明細書を確認するだけで、無駄な出費を洗い出すことができます。

また、家計簿アプリと連携できるクレジットカードであれば、入力する必要なく自動で家計簿を作成してくれるのです。

クレジットカードを「食費用カード」「趣味用カード」など複数枚持つことで家計の管理も楽になるのでおすすめ。

5.各種サービスが魅力的

クレジットカードを持つメリットの5つ目は、各種サービスが魅力的だということ。

身近なところだと、ガソリンスタンドと提携しているクレジットカードを持つと、毎回ガソリンが会員価格で入れれたりします。

他にもスーパーでの買い物が割引されたり、空港ラウンジが無料で利用できたりするなど魅力な特典がたくさんあるのでクレジットカードはおすすめです!

クレジットカードを持つデメリット3選

クレジットカードはメリットがたくさんあり、誰もがお得に利用しているサービスです。

しかしながら、クレジットカードにはデメリットもあります。

ここからはクレジットカードのデメリットを3つ紹介します。

1.使い過ぎてしまう

クレジットカードは手元にお金がなくても商品を購入することができる便利なサービスです。

今すぐほしいものを手に入れることができるというメリットでもありますが、自己コントロールができない人は使い過ぎてしまう可能性が高いでしょう。

お金を使っているという感覚が少なくなり、いくらカードで購入したのか分からなくなる人もいます。

支払日にお金が足りない!とならないように自己管理をしっかりとして計画的にクレジットカードを利用することが大切です。

2.不正利用される可能性がある

クレジットカードを落としてしまったり、クレジットカード情報を違法に読みとる機械やサイトによって奪われてしまったりすると不正利用される可能性があります。

クレジットカードには基本的に紛失・盗難の保証があるので、すぐに気づいてカード会社に連絡出来たら問題ありません。

しかし、対応が遅れてしまった場合だと不正利用分の自己負担が発生する可能性があります。

クレジットカードを利用する場合は、しっかりとしたカードの管理をする必要があるでしょう。

3.手数料がかかる場合がある

基本的にはクレジットカードの利用には手数料は発生しません。

しかし、分割払いやリボ払いなどのサービスを利用する場合は手数料が発生します。

特にリボ払いのサービスを利用する場合は、後から「思ったよりもかかった」と感じる場合が多いので、必ず金利をチェックしてからサービスを利用するようにしましょう。

手持ちの資金に余裕がある場合は、基本的に1回払い、もしくは2回払いを利用することをおすすめします。

まとめ

今回は、クレジットカードのメリットとデメリットを解説しました!

私も、クレジットカードを利用するまでは「なんとなく怖い」というイメージがありましたが、実際に使用してからはなくてなならない存在になりました。

自己管理ができないとクレジットカードは怖いと感じる人もいるかもしれませんが、基本的には便利なサービスです。

ぜひこの記事を参考にクレジットカードの利用を検討してみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました