マイルとは?使い道から貯め方まで徹底解説!

クレジットカード

YouTubeやインスタグラムなどのSNSを見ていると、お得に旅行している人を見る機会があることでしょう。
お得に旅行している人のほとんどは、マイルを使って格安で旅行を楽しんでします。

とはいっても、

  • マイルって何?
  • どうやったらマイルを貯めることができるの?
  • どんな使い道があるのか知りたい

と、未知の世界だと感じている人も多いもの。

というわけで今回は、マイル歴10年を超える僕が、マイルの基礎知識から使い方まで徹底的に解説します。

お得に旅行したいと考えているマイル初心者必見の記事です!

マイルとは

マイルとは、簡単に説明すると航空会社が提供しているポイントのことです。

楽天が提供しているポイントサービスは「楽天ポイント」

ドコモが提供しているポイントサービスは「dポイント」

上記と同じように、マイルとは航空会社が提供しているポイントになります。

ANAが提供しているマイルは「ANAマイル」

JALが提供しているマイルは「JALマイル」

と、航空会社によって貯めれるマイルも異なるので注意が必要です。

マイルの使い道

マイルとはポイントのことだと分かりましたね。

「楽天ポイント」や「dポイント」と違ってマイルを貯めることで航空会社からお得なサービスを受けることができます。

ここでは、マイルを貯めることで受けられるサービスを3つ紹介します。

1.航空券と交換ができる

ANAやJALマイルは他のポイントサービスと同じように、基本的に「1円=1ポイント」の価値です。

しかし、マイルには「特典航空券に交換できる」という大きなメリットがあります。

特典航空券とは、マイルを利用して交換した「無償の航空券」のこと。

交換に必要なマイル数は、利用シーズンや区間によって変わりますが、

国内線は片道6000JALマイル・5000ANAマイルから。

国際線は片道7500JALマイル・往復12000ANAマイルから。

と、1ポイント1円以上の価値になるのです。

また、JALで提供している行き先おまかせの「どこかにマイル」というキャンペーンは必見の内容。

JALの特典航空券は国内旅行の場合、通常往復は1万2000マイル~交換が可能です。

しかし、キャンペーンを利用すると往復6000マイルで楽しめます。

行先によっては、1マイル当たりの価値がさらに高くなるかもしれないのです。

2.座席のアップグレード

ビジネスクラスやファーストクラスに乗ってみたい!

だけど数十万円は高すぎる…。

そんな人は、ポイントを「座席のアップグレード」に使いましょう!

エコノミークラスからビジネスクラスへ。

ビジネスクラスからファーストクラスへ。

JALとANAでは国際線のみ利用できるポイントの交換先ですが、通常よりも格安でビジネスクラス・ファーストクラスを楽しむことができます!

例えば、ハワイ行き航空券をファーストクラスにアップグレードするための必要なマイル数は、たったの3万JALマイル

3万円でファーストクラスにアップグレードは出来ませんが、マイルなら可能になります。

3.提携先のポイント変換や商品へ交換

ANAでは「楽天ポイント」「Tポイント」「nanacoポイント」などのポイントに交換が可能です。

交換比率は「1万マイル=1万ポイント」で、普段の生活の中で無理なくマイルが消費できるでしょう。

また、オリジナルグッズに交換できるのも魅力の1つ

JALであればオリジナルハンカチセットを2000ポイントで交換できます。

基本的には、航空券や座席のアップグレードに交換したほうがお得ですが、他のポイントを集めている人にはありがたいサービスですね。

マイルの貯め方

お得に旅行したい!ファーストクラスに乗ってみたい!

そんな人はマイルを貯めたいと思ったはず。

ここからは具体的なマイルの貯め方を3つ紹介します。

1.飛行機に乗って貯める

マイルの基本的な貯め方はフライトの利用です。

例えば、東京とニューヨークを往復すると、約13,000マイル貯まります

ただし運賃種別により、増減することがあるので溜まるマイル数の確認は必須。

フライトが長距離になるほど、また座席のグレードが上位になるほど、貯まるマイルが増える仕組みになっています。

JALのマイルとANAのマイルのどちらを貯めたいかによって、搭乗する飛行機を選びましょう。

提携する航空会社の飛行機に乗って、JALやANAのマイルを貯めることも可能ですよ。

2.クレジットカードで買い物をして貯める

マイレージ機能がついているクレジットカードで決済するだけでもマイルは溜まります。

楽天カードで買い物をすると楽天ポイントが溜まるように、マイレージ機能がついているクレジットカードで買い物をするとマイルが溜まるのです。

ただしクレジットカード会社によって、貰えるマイル数が違うので注意が必要。

マイル加算率がアップする優遇やカードの入会・継続でボーナスマイルが付与される特典もあります。

この記事の最後におすすめクレジットカードを紹介しているので、チェックしてみてください。

3.ポイントサイトを使って貯める

飛行機に乗らなくても、クレジットカードで買い物をしなくても、ポイントサイト経由でマイルを貯めることができます。

ポイントサイトで有名なのは「ハピタス」「モッピー」というサイト。

陸マイラーという飛行機に乗らずにマイルを貯める人は、ポイントサイトでマイルを稼いでいる場合がほとんどです。

例えば、ポイントサイト経由で楽天でお買い物をするとポイントが溜まり、そのポイントをマイルに変換することができます。

年間数百万マイルを貯める人も少なくなく、大量のマイルを稼ぐ裏技のようなものですね。

ぜひ、陸マイラーに興味がある方はポイントサイト経由でマイルを貯めてみてください。

マイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

フライトでマイルを貯めたり、ポイントサイトでマイルを貯めたりするにはハードルが高いと感じる人も少なくないでしょう。

誰もが生活の中に取り入れてマイルを簡単に貯めるには、クレジットカードが一番です。

買い物をするときにクレジットカードで決済するだけで、年間1万マイルは簡単に溜まるはず。

ここでは、マイルが溜まりやすいクレジットカードを2枚紹介していきます。

1.ANA VISA ワイドゴールドカード

ANA VISAワイドゴールドカードは、ANA VISA ワイドカードの上級カードで、マイルの貯まりやすさと旅行サービスが充実しています。

年会費は14,400円(税込)で、家族カードの年会費は4,400円(税込)です。

メリット
  • 入会&毎年更新時に2,000マイル貯まる
  • フライトマイルが25%割増される
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険付き
  • 年間300万円までのお買物安心保険付き

カードを利用するとマイルではなくポイントが溜まるのが特徴で、1ポイント2マイル(還元率1%)のお得なレートでマイル移行が出来ます。

通常だとマイル移行手数料として6,600円(税込)が必要ですが、ANA VISAワイドゴールドカードなら無料です。

旅行にも強く、最高5,000万円の海外旅行保険やゴールドデスク、空港ラウンジが無料で利用出来ます。

さらに搭乗ごとにボーナスとして、付与されるマイルが25%割増されるため、ANAの飛行機に乗る頻度が多い方にはおすすめのカードです。

2.ANA VISA 一般カード

ANA VISA 一般カードは、ポイントやマイルが貯まりやすく、貯めたポイントは200円=1ポイント=1マイルで交換できます。

メリット
  • ANA航空券を購入するとマイルが1.0%還元される
  • 旅行に役立つ優待サービスが利用できる
  • 海外旅行傷害保険が自動付帯される
  • Web明細に登録すれば年会費が550円割引される

iDの電子決済にも対応しており、毎日の買い物でコツコツとマイルを貯めたい方は効率良くマイルが貯まります。

国内線ANAラウンジが利用で利用できるのも嬉しいメリットです。

まとめ

今回は、マイルの基礎知識から貯め方まで徹底解説しました!

特にクレジットカードでマイルを貯める場合は、普段の生活を何も変えずにマイルが溜まるのでおすすめです。

ぜひこの記事を参考にマイルを貯めてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました